目の周りのケア|カサカサ乾燥肌を潤い肌へと変える|肌対策で乾燥を防ぐ
婦人

カサカサ乾燥肌を潤い肌へと変える|肌対策で乾燥を防ぐ

目の周りのケア

コスメ

保湿効果が違います

目の周りの皮膚は、他の部分に比べて極めて薄いと言われています。非常にデリケートであり、乾燥や小じわ、たるみといったトラブルが生じやすい部位です。こういった部分のケアを目的として発売されているのが様々なアイクリームと言えます。アイクリームは概して成分が濃縮されているため、少量でも高い保湿効果が得られるとして人気です。アイクリームの場合には、配合されている有効成分にもこだわりが見られます。高濃度のヒアルロン酸やセラミドなどが、例えば多く用いられている成分です。通常のスキンケアアイテムに比べても配合率が高く、デリケートな目の周りを様々なダメージから守ってくれます。現在では、スキンケアの定番アイテムとなっているのがアイクリームです。

クレンジングを工夫します

目元のケアを行う場合には、メイク落としにも一工夫するのがコツです。目の周りには、実の所様々な化粧品を使用します。アイシャドウやアイライナーの汚れは意外に落ちにくく、時に十分に落とし切れていないことがあるのが問題です。最近はウォータープルーフタイプやラメ入りの化粧品が増えているため、通常のクレンジングでは成分が残ってしまうことがあります。化粧品の汚れが残ると皮膚が酸化しやすくなり、後の色素沈着などを誘発する可能性が出てきます。従って、アイクリームを使用する前には綿棒などを利用して目の縁や涙袋のメイク汚れを完全に取り除いておくのがポイントです。マスカラの成分が残りやすいまつ毛の隙間などは、特に念入りにメイクオフします。こうすることで、アイクリームの成分も浸透しやすくなるのが常です。